加賀山卓朗かがやま・たくろう

  • Twitter
  • Facebook

update 2017.12.05

1962年生。東京大学法学部卒。英米文学翻訳家。主な訳書に、ディケンズ『オリヴァー・ツイスト』、『二都物語』(以上新潮社)、ジョン・ル・カレ『地下道の鳩』、グレアム・グリーン『ヒューマン・ファクター』、デニス・ルヘイン『夜に生きる』(以上早川書房)、マーカス・バッキンガム『最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと』(日本経済新聞出版社)、他多数。

この著者の最新記事

生活の発見 場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅
ためし読み / ローマン・クルツナリック, 加賀山卓朗, 横山啓明

「歴史」という魔法の箱(ワンダーボックス)を開ければ、たちまち好奇心が刺激され、私たちの生活に、新しいアイデア…

2017.12.05