かみのたね
NEW
リンチの手書きによる日本語題字公開!
デイヴィッド・リンチ初の自伝『夢みる部屋』
2020年10月24日発売予定 ご予約受付中!
営業部より / フィルムアート社

デイヴィッド・リンチの自伝『夢みる部屋』の刊行のお知らせ(2020年8月27日公開)から3週間が経過いたしまし…

2020.09.17
第十一話 「耳が動く犬」
犬たちの状態 犬を通して世界を認識するための連作 / 太田靖久, 金川晋吾

小説家・太田靖久と写真家・金川晋吾による犬をめぐる短編小説と写真の共作。身近で親しみ深い動物であり、歴然とした他者でもある犬たち──そのさまざまな姿(状態)の微細な差異の豊かさを通して世界の多様性を模索する試み。

2020.09.11
書評『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』
レビュー / 野中モモ

文筆家、翻訳家の野中モモさんによる『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』評を公開します。

2020.09.10
第26話 休養の日の話
〇〇の日の話 / 大前粟生

小説家・大前粟生さんによる更新日をモチーフにした短編連載。誰もが知っている祭日から、多くの人は知らない驚きの記念日まで、小説の公開日を起点に物語が紡がれる。更新日と物語が絡み合うエキサイティングな連作小説。

2020.09.08
『SF映画のタイポグラフィとデザイン』
ためし読み / デイヴ・アディ, 篠儀直子

SF映画において、タイポグラフィとデザインはどのように「未来」を視覚化してきたのかでしょうか。 『2001年宇…

2020.09.07
読者レビュー『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』
レビュー / フィルムアート社

『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』の読者から実際にいただいた感想(第一弾)をお伝え致します。

2020.09.04
書店員さんの声まとめ『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』
営業部より / フィルムアート社

全国の書店員さんから寄せられた『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』への推薦コメントを紹介します。気になられた方は、ぜひ店頭でお手にとっていただければ幸いです。

2020.09.01
第25話 ねんどの日の話
〇〇の日の話 / 大前粟生

小説家・大前粟生さんによる更新日をモチーフにした短編連載。誰もが知っている祭日から、多くの人は知らない驚きの記念日まで、小説の公開日を起点に物語が紡がれる。更新日と物語が絡み合うエキサイティングな連作小説。

2020.09.01
映画監督デイヴィッド・リンチの初となる自伝
『夢みる部屋』発売決定!
2020年10月24日発売予定 ご予約受付中!
営業部より / フィルムアート社

全国のデイヴィッド・リンチファンのみなさま、お待たせいたしました! 2018年の刊行以来、世界的ベストセラーと…

2020.08.27
書評『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』
書評 / 辻山良雄

東京・杉並区荻窪の本屋「Title」の店主で、本にまつわる数多くの連載を持つ辻山良雄さんによる、『目の見えない私がヘレン・ケラーにつづる怒りと愛をこめた一方的な手紙』評を紹介します。

2020.08.27