NEW
『物語を書く人のための推敲入門』
ためし読み / ラリー・ブルックス

誰も教えてくれなかった「推敲ってどうやるの?」という大事な問いに対する答えがここに! 実際のボツ原稿を使ったケーススタディを公開。他人の原稿を読むことが何よりの勉強になる。

2019.11.08
NEW
第一話 「犬は犬を嗅ぐ」
犬たちの状態 犬を通して世界を認識するための連作 / 太田靖久, 金川晋吾

小説家・太田靖久と写真家・金川晋吾による犬をめぐる短編小説と写真の共作。身近で親しみ深い動物であり、歴然とした他者でもある犬たち──そのさまざまな姿(状態)の微細な差異の豊かさを通して世界の多様性を模索する試み。

2019.11.08
Vol.3 音による新しい気付きのために
細井美裕 インタビュー
Creator's Words / 細井美裕

インタビュー企画「Creator’s Words」、第3回にご登場いただくのは、山口情報芸術センターとNTTイ…

2019.10.31
『物語を書く人のための推敲入門』
ためし読み / ラリー・ブルックス

誰も教えてくれなかった「推敲ってどうやるの?」という大事な問いに対する答えがここに! ライバルに一歩差をつける推敲の方法を、この一冊で完全解説!

2019.10.29
vol.34:未来とコミュニティ。鶴見俊輔・完結篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

気鋭の在野研究者・荒木優太が日本のプラグマティズム受容を歴史的にたどり直していく連載「日本のプラグマティズム」。市井の民たるわれわれのための在野の方法論追求の遥かなる道、長かった本連載もついにいよいよ最終回!

2019.10.24
vol.33:限界の自我。鶴見俊輔・後篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.10.11
須永剛司×港千尋
「社会的デザインの風景〜これからの情報デザインを考える」 『デザインの知恵』発売記念イベントレポート
イベントレポート / 港千尋, 須永剛司

人間のためのデザインのあり方を説いた『デザインの知恵 情報デザインから社会のかたちづくりへ』の発売を記念し、著…

2019.10.08
ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評
ためし読み / 藤津亮太

8月24日に発売されたアニメ評論家・藤津亮太さんによる最新刊『ぼくらがアニメを見る理由 2010年代アニメ時評…

2019.10.08
最終回「ベルリンの「駆け込み寺」|禅的生活|ボヘミアンの村へ 2019.07.01-07.15」
ベルリン狩猟日記 / 千木良悠子

作家・劇作家・演出家の千木良悠子が、ベルリンでの日々を言葉を通して思考する。

2019.10.04
『「クリエイティブ」の練習帳 発想力をとことん鍛える100の難問』
ためし読み / ロッド・ジャドキンス, 島内哲朗

世界有数の名門芸術大学、セントラル・セント・マーティンズの教授が出題する、過激で破天荒すぎるワークブック『「ク…

2019.09.26