河野真太郎 | かみのたね

河野真太郎こうの・しんたろう

  • Twitter
  • Facebook

update 2021.02.12

1974年、山口県生まれ。英文学者。専修大学国際コミュニケーション学部教授。一橋大学大学院商学研究科准教授を経て、2019年4月より現職。著書に『〈田舎と都会〉の系譜学――20世紀イギリスと「文化」の地図』(ミネルヴァ書房)、『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)がある。共著は『愛と戦いのイギリス文化史――1951‐2010年』(慶應義塾大学出版会)、『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』(研究社)、『私たちの「戦う姫、働く少女」』(堀之内出版)など。編著に『暗い世界』(堀之内出版)、訳書にピーター・バーク『文化のハイブリディティ』(法政大学出版局)、トニー・ジャット『20世紀を考える』(みすず書房)等がある。

この著者の最新記事

ディズニーの隠された歴史──『アニメーションの女王たち』河野真太郎書評
『アニメーションの女王たち』関連企画 / 河野真太郎

『白雪姫』から『アナと雪の女王』まで、ディズニーの夢のような世界の裏側で忘れ去られた女性たちにスポットを当てる…

2021.02.25