秋草俊一郎 | かみのたね

秋草俊一郎あきくさ・しゅんいちろう

  • Twitter
  • Facebook

update 2022.05.25

1979年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。
現在、日本大学大学院総合社会情報研究科准教授。専門は比較文学、翻訳研究など。
著書に、『「世界文学」はつくられる 1827–2020』、『アメリカのナボコフ──塗りかえられた自画像』など。訳書にクルジジャノフスキイ『未来の回想』、バーキン『出身国』、アプター『翻訳地帯──新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(共訳)、レイノルズ『翻訳──訳すことのストラテジー』などがある。

この著者の最新記事

『翻訳のスキャンダル 差異の倫理にむけて』
ためし読み / ローレンス・ヴェヌティ, 秋草俊一郎, 柳田麻里

翻訳研究(トランスレーション・スタディーズ)の第一人者ローレンス・ヴェヌティの代表的著作にして古典『翻訳のスキ…

2022.05.26