畠中実はたなか・みのる

  • Twitter
  • Facebook

update 2018.03.15

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員。1968年生まれ。90年代末より国内外における同時代の電子音響表現を紹介し、その動向を先導。2000年の企画展「サウンド・アート―― 音というメディア」以降、2012年にはポスト・インターネットの動向を展覧会としてとりあげるなど、現在までさまざまな展覧会を手がけ、作家の個展企画も多数行っている。美術および音楽批評も。

この著者の最新記事

『メディア・アート原論 あなたは、いったい何を探し求めているのか?』
ためし読み / 久保田晃弘, 畠中実

メディア・テクノロジーを使用した美術作品の総称というだけにとどまらず、技術を応用したデモンストレーションやエン…

2018.03.19