カート・ヴォネガット | かみのたね

カート・ヴォネガットKurt Vonnegut

  • Twitter
  • Facebook

update 2022.06.23

1922年インディアナ州インディアナポリス生まれ。2007年没。現代アメリカ文学を代表する作家。14の長編小説のほか、講演集、エッセイ集、書簡集、戯曲などさまざまな作品がある。代表作に『プレイヤー・ピアノ』『タイタンの妖女』『母なる夜』『猫のゆりかご』『スローターハウス5』『チャンピオンたちの朝食』ほか多数。アイオワ大学文芸創作講座での教師時代には、ジョン・アーヴィングらも指導した。
ヴォネガットの小説は、想像力が生きる力となることを示し、今なお新たな世代に影響を及ぼし続けている。ヴォネガット生誕100年を迎え、新たなヴォネガット像を鮮やかに伝える本書が彼の教え子の手で書かれたことは、世界中の読者にとって思いがけない幸運といえるだろう。
By WNET-TV/ PBS – eBayfrontback, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=38530410

この著者の最新記事

『読者に憐れみを ヴォネガットが教える「書くことについて」』
ためし読み / カート・ヴォネガット, スザンヌ・マッコーネル

『スローターハウス5』『タイタンの妖女』などで知られる戦後アメリカを代表する作家、カート・ヴォネガットの「書く…

2022.06.24