宮本高晴 | かみのたね

宮本高晴みやもと・たかはる

  • Twitter
  • Facebook

update 2023.01.25

1952年福井県生まれ。英米映画関係の翻訳にたずさわる。主な訳書に『ワイルダーならどうする? ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話』(キネマ旬報社)、『スコセッシ オン スコセッシ 私はキャメラの横で死ぬだろう』(フィルムアート社)『王になろうとした男ジョン・ヒューストン』(清流出版)、『ロバート・アルドリッチ大全』『ルビッチ・タッチ』『サイレント映画の黄金時代』(いずれも国書刊行会)など。

この著者の最新記事

NEW
『マスターズ・オブ・ライト[完全版] アメリカン・シネマの撮影監督たち』
ためし読み / ジョン・ベイリー, 髙間賢治, 宮本高晴

2023年1月26日に発売された『マスターズ・オブ・ライト[完全版] アメリカン・シネマの撮影監督たち』は、フ…

2023.01.26