溝渕久美子みぞぶち・くみこ

  • Twitter
  • Facebook

update 2023.06.14

2021年、「神の豚」で第12回創元SF短編賞優秀賞を受賞(『Genesis 時間飼ってみた』[東京創元社、2021年]、『ベストSF2022』[竹書房、2022年]に収録)。他の作品に「台北パテーベビー倶楽部」(『紙魚の手帖 vol.05』、東京創元社、2022年)、「ほぐさんとわたし」(Kaguya Planet、2023年)、「プレーリードッグタウンの奇跡」(『NOVA 2023年夏号』、河出書房新社、2023年)、翻訳書に宮尾大輔『影の美学 日本映画と照明』(笹川慶子との共訳、名古屋大学出版会、2019年)がある。

この著者の最新記事

プロが選ぶオススメの物語創作指南書3冊
研究者・小説家 溝渕久美子選
プロが選ぶオススメの物語創作術3冊 / 溝渕久美子

小説投稿サイトや動画配信プラットフォームが整備され、誰もが自分の物語を発表できる時代。わたしたちは、誰もが「作…

2023.06.15