西田博至にしだ・ひろし

  • Twitter
  • Facebook

update 2018.12.07

1976年生。批評家。『アラザル』同人。映画や現代の美術や音楽を中心に、批評文を書いている。『キネマ旬報』、『ART CRITIQUE』、『ユリイカ』などで執筆。共著に南波克行編『スティーブン・スピルバーグ論』、『トム・クルーズ 人生、キャリア、学ぶ力』(フィルムアート社)など。

この著者の最新記事

「男の子の名前はみんなフランシスっていうの」
書評『フランシス・フォード・コッポラ、映画を語る』
西田博至
レビュー / 西田博至

「ライブ・シネマ」という前代未聞のプロジェクト、それにまつわる思案を通じて、自身の出自とキャリアを振り返りつつ…

2018.12.07