アリス・ローソーンAlice Rawsthorn

  • Twitter
  • Facebook

update 2019.10.09

デザイン評論家。ニューヨークタイムズ紙のデザインコラムは10年にわたり世界各国の新聞社に配給される。2014年から2017年まで『frieze』誌にコラム「By Design」を連載。既著『Hello World: Where Design Meets Life』(日本語版『Hello World—「デザイン」が私たちに必要な理由』、小社刊)、およびファッションデザイナー、イブ・サンローランの伝記が高く評価される。イギリス、マンチェスター生まれ、ロンドン在住。TED、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)などの国際的イベントでデザインについて講演する。ロンドンのチセンヘール・ギャラリー、現代バレエ団マイケル・クラーク・カンパニー、ヨークシャーのヘプワース・ウェイクフィールド・ギャラリーの理事会議長を務める。デザインおよびアートに尽力した功績が認められ、大英帝国勲章を受章。
画像はhttp://alicerawsthorn.com/about.phpより引用

この著者の最新記事

『姿勢としてのデザイン 「デザイン」が変革の主体となるとき』
ためし読み / アリス・ローソーン

PROLOGUE Design as an Attitude 姿勢としてのデザイン 「デザインをすることは職業…

2019.04.17