松永伸司まつなが・しんじ

  • Twitter
  • Facebook

update 2019.05.21

専門はゲーム研究と美学。現在、さまよっています。著書に『ビデオゲームの美学』(慶應義塾大学出版会、2018年)、訳書にイェスパー・ユール『ハーフリアル』(ニューゲームズオーダー、2016年)、ネルソン・グッドマン『芸術の言語』(慶應義塾大学出版会、2017年)など。

この著者の最新記事

プレイ・マターズ 遊び心の哲学(Chapter 2)
ためし読み / ミゲル・シカール, 松永伸司

なぜ遊びが重要なのか? なぜわたしたちは遊びを必要としているのか? そもそも、遊びとはいったい何なのか? 現代…

2019.05.21
『プレイ・マターズ』原註リンク集
ためし読み / ミゲル・シカール, 松永伸司

『プレイ・マターズ 遊び心の哲学』の読書のお伴に。原註で言及されているURLリンク集を公開!

2019.04.26
プレイ・マターズ 遊び心の哲学(Chapter 1)
ためし読み / ミゲル・シカール, 松永伸司

なぜ遊びが重要なのか? なぜわたしたちは遊びを必要としているのか? そもそも、遊びとはいったい何なのか? 現代…

2019.04.25