大森俊克 | かみのたね

大森俊克おおもり・としかつ

  • Twitter
  • Facebook

update 2021.08.10

欧米現代美術史研究。ベルリン自由大学美術史学科 基礎および本課程修了(修士)。訳書に『人工地獄 現代アートと観客の政治学』(フィルムアート社)。

この著者の最新記事

『デューティーフリー・アート:課されるものなき芸術 星を覆う内戦時代のアート』
訳者解題
ためし読み / ヒト・シュタイエル, 大森俊克

いま最注目のアーティスト、ヒト・シュタイエルによる初の邦訳書となる『デューティーフリー・アート:課されるものな…

2021.10.08
『デューティーフリー・アート:課されるものなき芸術 星を覆う内戦時代のアート』
第3章 容赦なき現存在の戦慄──美術界における「居ること」の経済性
ためし読み / ヒト・シュタイエル, 大森俊克

いま最注目のアーティスト、ヒト・シュタイエルによる初の邦訳書となる『デューティーフリー・アート:課されるものな…

2021.09.25
『人工地獄 現代アートと観客の政治学』
ためし読み / クレア・ビショップ, 大森俊克

アートと社会の関係性はいかに変化してきたか? 芸術史において見逃されてきた「参加」の系譜をアクロバティックに再…

2020.04.24
田中功起×大森俊克 クレア・ビショップ『人工地獄』をめぐって アーティストはいかに社会の現実と向き合うか?
レビュー / 大森俊克, 田中功起

現在の「参加型アート」「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」と呼ばれる動向はどのようにして生まれ、そこにはどんな問題が横たわっているのか?

2017.10.24
『人工地獄 ─現代アートと観客の政治学』 「事を構える(ブリング・ザ・ノイズ)」 クレア・ビショップとボリス・グロイスによるディスカッション
レビュー / クレア・ビショップ, ボリス・グロイス, 大森俊克

美術批評において最重要存在であるビショップ、グロイスの両名が、各時代・各国の「参加」をめぐるアートの事例を挙げ、現代における参加型アートを読み解くヒントとしている。

2017.10.06