ロイ・ピーター・クラーク | かみのたね

ロイ・ピーター・クラークRoy Peter Clark

  • Twitter
  • Facebook

update 2020.05.11

1948年生まれ。創作講師、作家。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校にて博士号を取得する。1977年より、「セント・ピーターズバーグ・タイムズ(現、タンパベイ・タイムズ)」紙に記者として勤務。1979年からは、アメリカのジャーナリズム学校および研究機関であるポインター・インスティテュートに所属し、40年にわたり後輩の育成を行う。著書は『自由に書く(Free to Write)』(Heinemann Educational Books)、『ライティング・ツール(Writing Tools)』、『文法の魅力(The Glamour of Grammar)』、『書き手が困ったときは(Help! For Writers)』、『簡潔に書く方法(How to Write Short)』、『X線読みの技術(The Art of X-Ray Reading)』(以上、Little, Brown)など。『ライティング・ツール』は、アメリカで25万部を売り上げるベストセラーとなっている。なお小説作品には『三つの小さなことば(Three Little Words)』や『トラッシュ・ベイビー(Trash Baby)』がある。
※画像はWikipediaより引用

この著者の最新記事

『名著から学ぶ創作入門 優れた文章を書きたいなら、まずは「愛しきものを殺せ!」』
ためし読み / ロイ・ピーター・クラーク, 越前敏弥, 国弘喜美代

アメリカで最も影響力のある文章執筆のエキスパートが、文章術に関する本1,500冊の中から約50冊を厳選、それら…

2020.05.14