荒木優太あらき・ゆうた

  • Twitter
  • Facebook

update 2018.04.04

1987年東京生まれ。在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間──愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる。著書に『これからのエリック・ホッファーのために──在野研究者の生と心得』(東京書籍、2016)、『貧しい出版者──政治と文学と紙の屑』(フィルムアート社、2017)。

この著者の最新記事

vol.14:閉まったデューイ。田制佐重・中篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

(イラスト/カワイハルナ) 本連載は、『貧しい出版者』『これからのエリック・ホッファーのために』で、在野で研究…

2018.10.19
vol.13:シラーを訳してくれたよ。田制佐重・前篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

(イラスト/カワイハルナ) 本連載は、『貧しい出版者』『これからのエリック・ホッファーのために』で、在野で研究…

2018.10.04
vol.12:日和見主義と呼ばないで。石橋湛山・完結篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

(イラスト/カワイハルナ) 本連載は、『貧しい出版者』『これからのエリック・ホッファーのために』で、在野で研究…

2018.09.20
vol.11:ちっちゃい方がでっかいんだ。石橋湛山・後篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2018.09.06
vol.10:選挙行かない奴しばき隊。石橋湛山・中篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2018.08.23
vol.09:王堂先生マジリスペクト。石橋湛山・前篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2018.08.02