荒木優太あらき・ゆうた

  • Twitter
  • Facebook

update 2019.09.25

1987年東京生まれ。在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間──愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる。著書に『これからのエリック・ホッファーのために──在野研究者の生と心得』(東京書籍、2016)、『貧しい出版者──政治と文学と紙の屑』(フィルムアート社、2017)、『仮説的偶然文学論』(月曜社、2018)、『無責任の新体系──きみはウーティスと言わねばならない』(晶文社、2019)。編著書に、荒木優太編著『在野研究ビギナーズ──勝手にはじめる研究生活』(明石書店、2019年9月)。

この著者の最新記事

vol.34:未来とコミュニティ。鶴見俊輔・完結篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

気鋭の在野研究者・荒木優太が日本のプラグマティズム受容を歴史的にたどり直していく連載「日本のプラグマティズム」。市井の民たるわれわれのための在野の方法論追求の遥かなる道、長かった本連載もついにいよいよ最終回!

2019.10.24
vol.33:限界の自我。鶴見俊輔・後篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.10.11
vol.32:サークルで考える。鶴見俊輔・中篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.09.26
vol.31:不良、測量の国へ。鶴見俊輔・前篇
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.09.13
vol.30:ゲーム化する社会。『思想の科学』の周辺F。
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.08.22
vol.29:研究はみんなで。『思想の科学』の周辺E。
日本のプラグマティズム / 荒木優太

日本には「間違えてもいい主義=可謬主義」が足りない! 在野研究者・荒木優太による、すってんころりんの日本式プラグマティズム物語。人生無理ゲー時代を生きていくための七転び八起きの思想史へ、いざ!

2019.08.08