大野慶人おおの・よしと

  • Twitter
  • Facebook

update 2018.11.16

1938年東京に生まれる。1959年土方巽の「禁色」で少年役を演ずる。60年代の暗黒舞踏派公演に参画。69年初リサイタル後に舞台活動を中断、85年「死海」で大野一雄と共演、カムバックした。86年以降大野一雄の全作品を演出。ヴッパタール舞踊団ダンサーとの共演「たしかな朝」(2010)、音楽家アントニーとの「Antony & Ohnos」(2010)などコラボレーション作品の他、ソロ作品「花と鳥」(2013)はヨーロッパ(2014)、ブラジル(2015)、中国(2016、2017)を巡演。近作に、アノーニとの共演「たしかな心と眼」(2017)。

この著者の最新記事

第10回目:大野一雄三部作と私
大野慶人さん
本がつくられるということ−−フィルムアート社の本とその作り手たち / 大野慶人

フィルムアート社は会社創立の1968年に雑誌『季刊フィルム』を刊行して以降、この50年間で540点を超える書籍…

2018.11.22