井上新五郎正隆いのうえ・しんごろうまさたか

  • Twitter
  • Facebook

update 2017.09.22

落語作家。1975年新潟県出身。二松学舎大学文学部卒業。おもに古典派の落語家たちに古典落語の香りのする落語を書き下ろしている。林家たけ平・春風亭三朝・桂夏丸の若手三人が、井上の書いた落語の根多下ろしをする会「井上新作落語みつぼし」と、先日、柳家一琴が井上の落語「まんぷく番頭」を披露した会「落語作家井上のかたち」などの主宰。他にも落語立川流の重鎮で作家でもある立川談四楼にも作品を提供している。

この著者の最新記事