• Twitter
  • Facebook

第1回 ヘルベチカとの出会い

となりのヘルベチカ / 芦谷國一

ここは小さなデザイン事務所。
ある日とつぜんデザイナーが失踪し、代わりにロゴデザインを引き受ける羽目になった営業担当の丸栖(まるす)。
書体知識ゼロのまま悩む彼女のもとに現れたのは…。

新進気鋭のマンガ家・芦谷國一さんの手がける、ちょっと不思議な欧文フォント入門コミック、連載スタートです!

 

 

 

 

 

はじめまして

ヘルベチカはハース社の「19世紀グロテスク書体に似せた新しい書体が欲しい」という依頼を受け、書体デザイナーのマックス・ミーディンガーとエドゥアルト・ホフマンによってつくられました。

 

 

書体研究サークルへようこそ

1950年代から60年代にかけて、印刷面に水平垂直のグリッドをつくり、そこに活字や写真を機能的に配置してゆく「スイス・スタイル」が流行しました。簡潔で個性が抑えられたヘルベチカは、汎用性の高い書体として今日なお広く使われています。

 

 

サンセリフ?

ヘルベチカのような直線的で装飾が少ない書体は、「サンセリフ」と呼ばれる分類に入ります。これらは視認性に優れ、遠距離や短時間でも判別がしやすいとされ、見出しや案内板といった用途で効果を発揮します。

 

 

すごいぞヘルベチカ

非常に高い汎用性から「世界で最も愛されている書体」とも評されるヘルベチカ。その実績は数々のロゴタイプや書体について語った本はもちろん、ヘルベチカを題材にした映画まで制作されるほどです。

 

 

有名書体はつらいよ

あまりにも使用される場面が多いため、ヘルベチカについてしばしば論争が起こります。しかし、どんな使い方をしても様になるヘルベチカの存在は、デザインをする際、非常に強い味方となってくれるでしょう。

 

 

大きなファミリー

ひとつの書体には太いものや細いもの、斜めに傾いたものなど、少しずつ見かけの異なる書体が別に存在します。これらは、同じデザインの方針に基づいてつくられた「ファミリー」と呼ばれます。

(次回へつづく)

 

監修:山本政幸(岐阜大学准教授)

※各書体の擬人化は、著者が個人的に思い描いたイメージをもとに制作しています。各書体製作会社および版権元とは、一切関係ございません。

※本作品は、2016年に刊行された芦谷國一氏の同人誌『書体研究サークル』をもとに、あらたに新作マンガとして描き下ろされたものです。

この連載は月2回更新でお届けします。
次回は2019年6月13日(木)予定。