斎藤真理子さいとう・まりこ

  • Twitter
  • Facebook

update 2017.09.26

翻訳者、ライター。1960年新潟市生まれ。明治大学考古学科卒業。1980年から大学のサークルで韓国語を勉強、91年からソウル延世大学語学堂に留学。92年から96年まで沖縄で暮らす。訳書に『カステラ』(パク・ミンギュ著、ヒョン・ジェフンとの共訳、クレイン)、『こびとが打ち上げた小さなボール』(チョ・セヒ著、河出書房新社)、『ピンポン』(パク・ミンギュ著、白水社)など。『カステラ』で第一回日本翻訳大賞受賞。

この著者の最新記事

第8回 リ・ハナさんと『二十四の瞳』
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

夏休みの読書と戦争 8月だ。この季節には戦争関係の本を一冊読もうか、と考えている人も少なからずいらっしゃるので…

2018.08.14
第7回 韓国映画で日本の小説に出会う
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

日本の小説やマンガを原作とする韓国映画には、いろいろある。有名なものとしては、土屋ガロ・嶺岸信明のマンガ『ルー…

2018.07.03
第6回 調停者としての金素雲(上野の二人 完結編)
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

金子文子と金素雲は、対極的な二人だといえる。女と男。日本人と朝鮮人。文子は二十代前半で死に、素雲は七十代まで生…

2018.06.07
第5回 金子文子と朴烈(上野の二人 中編)
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

  金子文子と朴烈  先回の連載を読んでくれた方から、素雲と文子はその後どうなるのですか?…

2018.05.10
第4回 上野の二人――金子文子と金素雲
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

  昨年、岩波文庫に『何が私をこうさせたか』が入り、金子文子の人となりに触れることができるようになっ…

2018.03.15
第3回 幻の韓国名画『晩秋』とショーケンの出世作
ファン・ジョンミンのがにまたは東洋一である もっと韓国を楽しむ名作案内 / 斎藤真理子

韓国語翻訳家・斎藤真理子さんの
韓流から遠く離れた名作案内

2017.11.30